角渕弁理士が経済産業調査会のオンライン知的財産セミナーにて講師を務めます(2022.8.8)

角渕由英 弁理士が、一般財団法人 経済産業調査会開催のオンライン知的財産セミナーにて講師を務めます。

詳細につきましては、下記をご覧ください。

【オンラインセミナー概要】

●タイトル
「侵害予防調査と無効資料調査のノウハウ ~特許調査のセオリー~」

●開催日程
前編: 2022年9月1日 (木) 14:00-16:30
後編: 2022年9月8日 (木) 14:00-16:30

●開催
一般財団法人 経済産業調査会

●内容

[前編・9月1日]
1. 特許調査のセオリー

  • (1)特許調査の必要性
    (2)調査戦略がすべて
    (3)特許調査の6W2H
    (4)解決すべき課題・調査目的の明確化
    (5)費用対効果の最適化
    (6)検索式の基本・再現率と適合率
    (7)考える調査
    (8)調査対象の本質の正確な理解
    (9)発明を理解する方法
    (10)予備検索の重要性と本検索への拡張
    (11)効率的かつ漏れのない検索式
    (12)特許調査における仮説思考
    (13)公報の読み方
    (14)検索報告書
    (15)近傍検索
    (16)特許調査のPDCAサイクルとスキルアップ

2. 侵害予防調査:リスクの的確な把握

  • (1)侵害予防調査とは
    (2)侵害のリスク
    (3)侵害予防調査の課題・目的と6W2H
    (4)侵害予防調査が難しい理由
    (5)侵害予防調査の考え方
    (6)侵害予防調査のポイント
    (7)仮想事例
    (8)構成要件の充足性と均等論
    (9)古い技術を調査して代替
    (10)意匠権もチェック
    (11)属地主義と効率的なグローバル調査

[後編・9月8日]
3. 無効資料調査:説得力のある無効理由の構築

  • (1)無効資料調査とは
    (2)無効資料調査の課題・目的と6W2H
    (3)無効資料調査の考え方
    (4)権利化の阻止および無効化
    (5)無効資料の探し方
    (6)製品による公然実施
    (7)イ号を探す
    (8)クレーム解釈と無効論との関係
    (9)進歩性を意識した調査
    (10)課題を探す
    (11)技術常識・周知技術を探す
    (12)数値限定発明
    (13)用途発明
    (14)分割出願
    (15)優先権主張の利益

 ※一部クリックすると別サイトに移動します