先輩社員の声【弁理士】

2011年入社 特許弁理士・特許調査員

当事務所に入所するまで

私は、大学院の博士課程を経て、株式会社技術トランスファーサービスに入社し、登録調査機関部門で4年半勤務した後に、弁理士として秋山国際特許商標事務所に入所しました。

学生時代、特許出願をした際に弁理士という仕事を知り、知財業界に興味を持ち、特許事務所を中心に就職活動をする中で、紹介されたのが、登録調査機関(特許調査)の仕事でした。

当事務所を選んだ理由

弁理士になった時に武器となるスキルが欲しいと考え、まずは特許調査の仕事を始めました。結果としては、これが大正解でした。その理由は、入社後の社内研修が充実しており、丁寧な指導を受けることで、基本から応用までスキルを身に付けることができたからです。

登録調査機関部門では、日々の業務を通じて、特許調査のスキル以外にも、特許法や審査基準、特許庁の審査実務、特許出願明細書の読み方など、弁理士として役立つ知識を得ることができました。

特許調査員から弁理士へのステップアップ

登録調査機関部門で勤務をしていた時に、試験勉強をして、弁理士試験に合格をしました。特許調査の仕事は、活躍している女性や年配の方も多く、ライフワークバランスを取りやすい仕事であり、勉強時間も十分に確保できるため、弁理士へのステップアップがしやすいと言えます。

現在、弁理士として勤務をしていますが、特許出願前の先行技術調査を始め、侵害予防調査や無効資料調査など、特許調査を行うことが多く、登録調査機関で身に付けたスキルを最大限に活かすことができます。

検索競技大会で最優秀賞を受賞

自己啓発の一環として、特許調査のスキルを競い合う特許検索競技大会に参加をし、幸いにも最優秀賞を受賞することができました。当事業体に入社した後の研修や、弁理士としての日々の業務、登録調査機関での経験があったからこそ、この受賞につながったと思います。

応募される方へ

特許調査の仕事に興味がある方はもちろん、将来、弁理士になりたいと考えている方にとっても、当事業体は働き甲斐があり、成長できる場所だと思います。向上心やチャレンジ精神のある方のエントリー、お待ちしています。