特許検索競技大会2016「電気分野」でブロンズ認定

 2016年9月3日に開催された、特許検索競技大会2016(主催:一般財団法人 工業所有権協力センター)のアドバンスコースにおいて、弊社調査部の山中崇行社員が「電気分野」でブロンズ認定証を授与されました。
 特許検索競技大会は、日本で唯一、特許調査の実務能力を評価する大会で、アドバンスコースには全国で325名が参加しました。
 4時間の制限時間で、特許調査に関する知識を問う問題、先行技術文献調査、国内外の抵触防止調査(侵害予防調査、権利調査)に関する問題が出題されました。
 弊社からは今回が初めての参加でしたが、ゴールド認定を目指して大会に継続的に参加し、より高品質の知財サービスを提供できるよう一層の能力向上に励んで参ります。