当事業体におけるキャリア構築事例

 当事業体には、登録調査機関の検索者として働きながら弁理士試験に挑戦、見事合格を果たした方や、
逆に弁理士の資格を持ちながら登録調査機関で調査(検索)の実務経験を積みキャリアアップを図っている方が
次々誕生しています。
 当事業体は、こうしたキャリアアップに前向きな方を応援しています。
 従来型の弁理士業務に留まらない「調査のできる弁理士」となり活躍の場を広げる意欲のある方、
我々とともに働きませんか? ご応募をお待ちしています。

登録調査機関の特許調査検索者として活躍中に弁理士試験に合格した実例

□弁理士を取得して活躍中の事例

 ◎Y氏の例
  大学院(博士課程)
 →登録調査機関部門の検索者として働きながら、弁理士試験に合格
 →秋山国際特許商標事務所に弁理士登録
 →特定登録調査機関部門の責任者に就任(技術トランスファーサービス執行役員)
 →現在、秋山国際特許商標事務所(弁理士業務)、及び技術トランスファーサービスの民間企業向け
  サービス部門で活躍中

 ◎H氏の例:
   大学院(修士課程)修了
  →登録調査機関部門の検索者として働きながら、弁理士試験に合格
  →登録調査機関部門の指導者に就任
  →秋山国際特許商標事務所に弁理士登録
  →現在は登録調査機関部門の指導者として活躍
   将来は秋山国際特許商標事務所(弁理士業務)、及び技術トランスファーサービスの民間企業
   向けサービス部門(特定調査及び特定調査指導者)で活躍予定

◎現在も登録調査機関部門で検索者として活躍しながら、弁理士試験に挑戦中の者が複数名あり

当初から弁理士資格を有し、入社後「調査のできる弁理士」として活躍する例

◎技術トランスファーサービス入社
→技術トランスファーサービスで弁理士登録(登録費用及び会費は会社負担)
→登録調査機関部門の検索者として活躍(2~3年)
→所定条件を満たした後、希望により上席検索者・上席指導者になって特定登録調査を担当。
民間企業向けに研鑽を積み、「調査できる弁理士」として活躍が可能。

当事業体の社内資格であるIPサイエンティスト※1、IPソリューショニスト※2、IPドリブンアドバイザー※3
して活躍可能。

※1,2,3 IPサイエンティスト、IPソリューショニスト、IPドリブンアドバイザーは登録商標及び商標登録出願中です。