事務所の特徴

知的財産の総合サービス

当事務所は、顧客からの依頼内容に基づき特許明細書を作成し出願する、特許出願業務だけを行っている訳ではありません。企業の経営戦略に密接に結びつく知的財産戦略の支援の一環として、戦略的な特許出願のための出願前調査や特許解析から、知的財産の価値評価やブランド戦略支援に至るまで、企業の経営資源としてより強い知的財産を構築するためのサービスを提供しています。

技術に関する検討・鑑定・解析・特許マップ作成などを通して、明細書作成だけではない幅広い実務能力により、企業の立場を理解した様々な角度からの支援に対応いたします。

当事務所では全てのスタッフが知財検定3級以上を保持しております。

高品質の調査の提供

当事務所は設立以来、併設する調査会社、株式会社技術トランスファーサービスと共に活動を行っており、特許・実案、意匠、商標の調査に力を入れています。調査は知的財産の育成・活用の第一歩であり、当事務所はこの知的財産創造・活用のベースとなる調査において高品質のサービスを提供しています。

さらに、株式会社技術トランスファーサービスは特許庁の「登録調査機関」、「特定登録調査機関」として認定されるほどの高い信頼を得ています。

調査能力の活用

当事務所の弁理士や明細書作成補助者も全て特許調査或いは意匠・商標調査の能力を備えており、明細書作成における案件ごとの技術水準のキャッチアップ、意匠・商標の登録性判断に、調査能力を活用しています。

また、顧客の企画・開発過程における特許公報調査・文献調査、出願前の同調査により、各フェーズにおいて調査能力を活用した技術開発・特許出願に関する支援が可能となります。さらに、侵害における特許無効調査・無効鑑定、侵害検討・侵害鑑定まで、当事務所では、調査能力を活かして、一気通貫で行うことが出来ます。

グローバルネットワーク

技術のグローバル化に伴い、知的財産戦略も日本国内にとどまらず全世界を対象とした対応が求められています。当事務所ではこのような顧客の要望に応えるため、従来のアメリカ重視の対応だけでなく、世界各国におけるサービスを提供できるよう、ネットワークの拡大に努めています。

  • 2006年から、欧州特許庁及びドイツ特許庁の所在地であるミュンヘンで、欧州における知的財産の保護・活用に向け、役立つ情報の収集に努めています。
  • 2011年に北京の連絡事務所に弁理士を派遣し、中国人脈の多角化と共に、中国における知的財産の保護・活用に役立つ情報の収集に努めています。

セキュリティ

顧客の皆様の知的財産に関する情報は経営資源の1つであり、重要な機密情報です。当事務所ではこの情報を守るため、セキュリティを強化し、情報の取り扱いには細心の注意を払っています。

理念

  • 真摯な対応
  • 個人の能力向上と社会に役立つことを喜びとする

ドメイン

私たちは、「世界で最も信頼される品質と、世界で最も満足されるサービスを提供する世界一の知的財産専門サービス業」となることを目指して業務遂行に努めています。

基本方針

当事務所は、経験と理論に基づいて、顧客にとって価値ある知的財産戦略の支援を行い、企業価値の向上を図るため、顧客の立場に立って顧客と共に歩むことを基本方針としています。

基本姿勢

当事務所は、顧客からの依頼内容に基づく特許明細書を作成し出願する特許出願業務だけを行っている訳ではありません。自らが行動し活動することを前提として、知的財産に関する高い品質・満足されるサービスを提供するプロフェッショナルとして、出願業務以外の知的財産戦略に基づく知的財産調査・検討・解析・鑑定などを行い、顧客満足を重視しています。