事務所ご挨拶

 当事務所は、昭和57(1982)年11月の創立以来、併設の調査会社 株式会社技術トランスファーサービスと一体となり、知的財産に関する幅広いサービスを提供してまいりました。

 具体的には、国内外に関する知財を扱う特許事務所業務、特許庁の審査資料収集を行う特許庁登録調査機関業務(全国9機関)、登録調査機関の調査能力を民間にも活用し先行技術文献調査を行う特許庁特定登録調査機関業務(全国3機関)、民間を対象として特許調査・解析業務・コンサルティングを行う民間調査業務、などを行っています。

 当事業体では、復権弁理士(代書屋及び下請から脱却、社会から頼られる存在)、知財人新天地、スタッフ躍進という合言葉のもと、「あんな組織で働きたい!」「あんな人財になりたい!」「あんな風に仕事がしたい」を目指せる組織の構築を目指し、以下の社内改革を推進しております。

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)推進
  • テレワーク推進
  • パートナー制への移行(弁理士)

以下については既に取り組みを進めております。

  • 企業支援事業
  • 新組織の創設:未来サポート部・特定調査部門・研修部門の創設と活動活発化、社内資格制度創設
  • 社員待遇の改革:職場環境整備、疑似社食、勤務形態の多様化
  • 社内研修制度:知財遂行能力と知識の豊富化を目指す社内研修制度
  • 社内ポイント制度「ギトラ」:褒める文化の醸成と相互評価

 私たちは、上述のような社内改革を通してより力を蓄え、お客様に対し、特許出願をより戦略的に行うための出願前調査や特許解析をはじめとして、知的財産の価値評価やブランド戦略支援まで、高品質の知的財産ソリューションを引き続き提供し続けたいと考えております。

 当事業体は総勢140名を超えた陣容となりました。特許行政に寄与することは勿論のこと、お客様に信頼と満足をもって高品質で価値ある知財ソリューションサービスを提供できる組織として、研鑽努力を重ねて参ります。

 今後とも、ご支援、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。